トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:夢に向かってできることのエントリー一覧

  • ラグビーW杯の日本代表から学んだこと!世界を熱狂させろ!

    ラグビーW杯の日本代表から学んだこと!世界を熱狂させろ!この3連休はサッカーの試合が多く組まれたことだと思います。ラグビーW杯の日本代表はW杯で3勝をあげましたが、残念ながら予選敗退となってしまいました。しかし、ラグビー日本代表は今回のW杯で子どもたちにたくさんの夢を与えたようです。この3連休に私も少年サッカーの大会を観戦させていただきました。その中で今まで見たことのない光景を目にしました。休憩中...

  • リスペクトを欠いたアナウンサーや解説はやめてほしいと思いませんか?

    アナウンサーの方は誰だったのかわかりませんが解説の方は私も尊敬する方ですので心苦しい記事です。昨日のワールドカップ予選アフガニスタン戦を地上波で生中継で見ました。試合は素晴らしかったのですが一つだけ気になったことがありました。冒頭から審判のジャッジへ批判を繰り返し放送していたことです。日本のファールシーンでは中東の笛です!今のファール逆だよ!で日本の得点のシーンでは審判の判断は全てだから言っても仕...

  • サッカー関係者がどの年代であっても忘れてはならないこと・・・リスペクト精神/FCバルセロナカンテラ

    先日、ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015が素晴らしい大会であったという記事を書きました。本当に素晴らしい大会だったと思います。サッカーのレベルもそして、リスペクト精神においても。準決勝のFCバルセロナ対東京都U-12の試合は1対1の同点に終わり、PK戦の末FCバルセロナは負けてしまいました。地元リーグを30勝負けなしで圧倒的な強さで勝ち続けてきたFCバルセロナの選手にとっては受け入れがたい...

  • 確実に成長(スキルアップ)する為の近道とは?

    プロサッカー選手になりたい! 成績を上げたい! 昇進したい!独立起業したい! 尊敬されるような人格になりたい! 人は生きている限り何歳になっても自身を成長させたいと考える生きものだと思います。 しかし、どうすれば成長できるのかに悩んで止まってしまうことも多いと思います。 昇進や独立起業のように期限に余裕のあるものならまだ良いのですが、スポーツ選手になる夢や成績は期限がしっかりと決まっていますの...

  • グリーンカードってあまりみませんが・・知ってますか?

    飲酒運転の末に速度違反そして、事故、逃走、嘘を重ねてしまう若者。 立派な立場にありながら自分の欲を我慢できない役人。 その他卑劣な少年犯罪。 このところテレビをつけると本当にこんな人がいるのか?と目を疑うことが多いと感じます。 テレビのキャスターやコメンテーターのコメントでも 「その行為がどんな結果をもたらすのかその想像力のなさに驚く。」 という趣旨のコメントが多く聞かれました。 もちろん、...

  • 目標に対して本気で向き合い続けること

    サッカー選手になりたいという目標 独立起業して成功したいという目標 子どもにも大人にも目標を持っているという人は沢山います。 サッカー未経験だけどこれから勉強してサッカーの指導者をしてみたいという人もいるかもしれません。 サッカー選手という目標はあきらめたけどサッカーに関わった仕事に就きたいと目標を変えた人もいると思います。 どんな目標であっても嫌なことを一つもせずに目標にたどり着くことは...

  • 夢を実現する人のマインドとは?

    注意!この記事の対象年齢は中学生以上です! 今の日本でサッカー選手になれる確率は約0.1%です。 [過去の記事はこちら・・・Jリーガーになる確率を冷静に見てみる] 約1000人に1人しかプロサッカー選手にはなれません。 しかし、本田圭佑選手のように当たり前のように有言実行でプロになっていく選手もいます。 その過程には紆余曲折あるとは思いますが、夢を実現する人にとってはその確率は0.1%では...

  • 少年サッカーで勝つことを目的にするべきなのか?

    「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」 有名なキャッチコピーです。 ブラジルワールドカップでの日本代表は「自分たちのサッカー」にこだわって予選敗退しました。 その戦い方はキャッチコピーの様ではなかったけど、私は失望と同時に代表の未来が楽しみになりました。 もし、ベスト8を目的としていれば選手の選考から戦い方に至るまで全てが違っていたかも知れません。 もっと守備的な選手が主体になり、足の速...

  • ACL浦和戦後の水原三星の鄭大世選手のコメントが日本が強くなるヒントだと思う!

    21日浦和とACLを戦った水原三星の鄭大世選手のコメントです。 「ドイツの試合の後に日本の試合を観ると、選手は戦えていない。審判が笛を吹いてくれるため、少しでも後ろから押すだけですぐに倒れてしまう意識が根付いている。」 鄭大世選手はJリーグの川崎フロンターレやドイツ2部のボーフムなどでプレー経験があります。 このコメントを見てどう思いますか? 似たようなことを海外から帰ってきた日本の選手もコメント...

  • 武藤嘉紀選手がチェルシーからオファー!やっぱり勉強が大事だ!

    FC東京の日本代表FW武藤嘉紀(22)が、イングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーから正式オファーを受けたことが8日、明らかになった。チェルシーは武藤の将来性を含めた実力を高く評価。今夏の獲得に向け、FC東京に条件面を含めた獲得オファーを出した。関係者によれば、移籍金の提示額はJリーグから海外に渡った日本人選手では過去最高額とみられ、昨季ブレークした武藤の欧州挑戦がいよいよ現実味を帯びてきた。...

少年サッカー選手の育て方

ジュニサカイレブントップ 少年サッカー選手の育て方

いいね!フォローはこちら

はじめてサッカー少年の親になる方へ

最新記事

カテゴリ

このサイトの人気の記事!

アクセスランキング

タグ

1個から注文OK

リンク

フリー素材提供

プライバシーポリシー

当サイトでは、細心の注意を払って個人情報を取扱い、利用者のプライバシーを遵守いたします。
当サイトが管理している個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。

当サイトでは、第三者配信による広告配信サービスを利用しています。

動画・画像免責事項
当サイトはフリー素材画像・動画共有サイトにアップロードされている画像・動画を紹介する場合があります。
管理人は著作権保護法にのっとり細心の注意を払いこれらの画像・動画を紹介しております。
各画像・動画の著作権は、著作者・団体に帰属しております。

なお、当サイトを利用したことにより生じた損害に対し、当サイト、管理人は一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: