トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

お子さんをフォローしているつもりでもこれはしてはダメ!

イエローカード

お子様の試合中
「今のファールだろ!審判よく見ろよ!」
こんな風に叫ぶお父さんはほとんど見かけなくなりました。

サッカー業界が勧めている審判員へのリスペクトする精神が浸透してきているのではないかと思います。

しかし、こんな感じのやりとりはまだ見ることがあります。

試合が終わった後に

お父さんお母さんがお子さんに
「さっきのプレー絶対ファールだったのに審判が見てなかった。止められたけどあんなのはファールだから本当はPKだったのに!〇〇君のドリブル良かったよ!」
一見お子さんをフォローするやさしい声かけにも見えますが・・・。

もしかすると審判がファールを見落としたことは・・
これは事実なのかも知れません。
審判だって人間ですし、特に少年サッカーの試合ではお父さんがボランティアで活動してくださっている場合も多いです。
見逃しや判定ミスがあってもおかしくありません。

スポンサーリンク


こういった軽い気持ちの言葉を子どもは真剣にとらえてしまいます。
その結果、試合中に審判の判定に不満を口にする選手がでてきてしまうのです。
「ファール!ファール!」と連呼して注意される選手を見たことありませんか?
大人が審判をリスペクトしていれば注意されることもなかったと思います。

「さっきのドリブル止められたけど、すごく良かったよ!惜しかったね!」
だけで十分なのではないでしょうか?

もちろん、審判員のレベルアップは必要です。
ただその仕事は大会運営者や審判員が常に振り返り反省し改善していくものです。

今回はここまでです。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
コメント

少年サッカー選手の育て方

ジュニサカイレブントップ 少年サッカー選手の育て方

いいね!フォローはこちら

はじめてサッカー少年の親になる方へ

最新記事

カテゴリ

このサイトの人気の記事!

アクセスランキング

タグ

1個から注文OK

リンク

フリー素材提供

プライバシーポリシー

当サイトでは、細心の注意を払って個人情報を取扱い、利用者のプライバシーを遵守いたします。
当サイトが管理している個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。

当サイトでは、第三者配信による広告配信サービスを利用しています。

動画・画像免責事項
当サイトはフリー素材画像・動画共有サイトにアップロードされている画像・動画を紹介する場合があります。
管理人は著作権保護法にのっとり細心の注意を払いこれらの画像・動画を紹介しております。
各画像・動画の著作権は、著作者・団体に帰属しております。

なお、当サイトを利用したことにより生じた損害に対し、当サイト、管理人は一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: