トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

わが子を「メシが食える大人」に育てる-おすすめ書籍

『わが子を「メシが食える大人」に育てる-おすすめ書籍』

ファミリー新書
高濱 正伸   花まる学習会代表

[目次]
第1章 「メシを食っていける力」が危ない!
・学習塾として「野外体験」にこだわってきた訳
・一度でもひきこもってしまうと戻すのは難しい
・ニートでも、就職できても変わらない「意欲の低さ」
・”食えない予兆”は子どものころに表れる
・親の方程式に子どもを当てはめてしまう危険
・メシを食っていくために前提となる「3つの自立」
・「メシを食っていける大人」にする5つの基礎力

第2章 ことばの力-すべての学力と知性のベース
・「聞く」「話す」「読む」「書く」を育む親の心得
・学力アップに深くかかわる「ことばの力」とは?
・大人社会ではワンランク上の「ことば力」が必要
・「話す」「書く」の正確さは、まめな辞書引きから
・親のつぶやきが、子どもの表現力を豊かにする
・「自分のことば」の引き出しを多くしてあげる
・子どもを成長させる、人を思いやることば遣い

第3章 自分で考える力-思考のエンジンをぐんぐん回す
・考える力はまず「考えようとする意欲」から
・各教科の学力を底上げする「考える力」
・メシが食える仕事人は独創的な「発見力」がある
・身につけさせたい「しつこい思考力」
・子どもの「なぜ?」「なあに?」には必ず答える
・自分なりの考え方ができる子にするには?
・良質な驚きと感動が「考える力」を育む

第4章 想い浮かべる力-魅力的な大人にするために
・具体的な物から人の心理まで守備範囲の広い力
・あらゆる教科と結びつく「想い浮かべる力」
・記憶に残るイメージが人を成長させる
・社会人としてメシが食っていけるイメージ力とは?
・「自分」を見つめる深い思考力を育む
・異年齢の子どもたちのなかで、思いやる心が育まれる
・相手の立場をイメージするトレーニング

第5章 試そうとする力-人生を切り開いていく底力
・試そうとする力は人間の知性の出発点
・勉強するときの「心の構え」となる
・社会人として「仕事をつくる」ために欠かせない
・結果よりもプロセスを楽しむ意識をもたせる
・子どもの試そうとする力は、母親の心の安定から
・小さなことでも、できたときはとにかく褒める
・笑いのセンスのある子は見込みがある
・お手伝いでは自分なりに工夫させる

第6章 やり抜く力-力強く、たくましく生きるために!
・食い下がるしつこさとしての「やり抜く力」
・知り尽くしたい気持ちが学力を向上させる
・思いどおりにならない社会人生活で大きな力になる
・やり尽くす感覚を体で覚えさせる
・小さな成功体験の積み重ねが大切
・いつまでも子どもに万能感を根付かせない
・「見逃しの罪」が子どもを甘やかす

付   メシが食える力と受験突破力
・入試問題は学校からのメッセージ

あとがき

[見どころ]
少年サッカーについての本ではありません!
私は知りませんでしたが、著者の高濱正伸氏はテレビにも多数出演されておられるそうです。
教育本として現実社会に巣立てるお子さんを育むというあまり取扱割れなかったことがテーマです。
格差社会が、この先「メシが食える力」を必要としていることはあきらかです。
子どもをニートに絶対ニートにしない方法が具体的に解説されております。



スポンサーリンク
コメント

少年サッカー選手の育て方

ジュニサカイレブントップ 少年サッカー選手の育て方

いいね!フォローはこちら

はじめてサッカー少年の親になる方へ

最新記事

カテゴリ

このサイトの人気の記事!

アクセスランキング

タグ

1個から注文OK

リンク

フリー素材提供

プライバシーポリシー

当サイトでは、細心の注意を払って個人情報を取扱い、利用者のプライバシーを遵守いたします。
当サイトが管理している個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。

当サイトでは、第三者配信による広告配信サービスを利用しています。

動画・画像免責事項
当サイトはフリー素材画像・動画共有サイトにアップロードされている画像・動画を紹介する場合があります。
管理人は著作権保護法にのっとり細心の注意を払いこれらの画像・動画を紹介しております。
各画像・動画の著作権は、著作者・団体に帰属しております。

なお、当サイトを利用したことにより生じた損害に対し、当サイト、管理人は一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: