トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

つい試合中にカッとなって叫んでしまうことを止める方法!

お子さんの試合を応援しに行ってカッとなってつい大声を出してしまう。
「こら!ボールを見ろ!」
「やる気がない!」
などと叫んでしまった経験がある方も少なくないと思います。
また、試合後のお子さんを訊問してしまったという方はもっと多いと思います。
ちなみに私は試合中にさけんだことはないのですが、試合後の訊問をした経験者です。
しかし、ある時、訊問することは子どものためではなく、自分の理想を押し付けているだけと気づきやめました。

「やめたいんだけどついカッなってしまう。」
こんな方に、カッとなる気持ちを抑える私が行った方法を紹介します。

まずは基本のマインドを整えます!
1.上記のように叫ぶことは回りからもチームからも良く思われないと知っておきましょう!
2.自分の子どももその大声で萎縮します。そして、チームメイトの子どもも怖がっています!
3.サッカーはこれからもまだまだ続くのです。今日がダメなくらいで焦らない!
4.スポーツは思い通りいかないのが普通です。
5.やる気がないと思うのは親バカだからだと理解しましょう!
6.たかだか子どものスポーツだと考えます。
7.余裕を持った姿勢がカッコ良いのだと言い聞かせます。(実際にそうです)
このように叫んだり訊問することに対してネガティブなイメージを自分に植えつけます。
もっと沢山思いつくことは全部出し切りましょう!

ほぼ禁煙する方法と同じですね。
因みに私は禁煙すると決めてから1644日つまり4年半ですが、1回たりとも吸いたいと思うことなく今日まで禁煙しています。
あまり信じられないのですが、一度も禁煙に苦しみませんでした。
補足ですが、禁煙ガムもパッチも医者も何も利用していません。
あっ一つだけ只今禁煙中というアプリだけはiPhoneに落としました。
だから、細かい日数までわかるのです。
このアプリによると私は4年半で3万3000本のタバコを吸わずにすみ。さらに72万円のお金が浮いたとのことです。
この禁煙の時も私はタバコに対するネガティブなイメージを自分の中に3日で情報を詰め込んで、3日目に最後の1本を吸って今日になります。

そのアプリはこちらです。


こういったネガティブなイメージを自分にうえつければ、その行動自体が恥ずかしい行動だと思うようになります。
そうすると、まず叫ぶという行動は押さえられると思います。

スポンサーリンク


ただ、これだけではカッとする気持ちはなくならず、自分の行動だけを抑えた状況になります。

禁煙の場合は吸わないとお金が残るというプラスがあったり、ごはんが美味しくなったりと辞めて良かったと思えることがあります。
しかし、カッする気持ちは持って行きようがなくなるので原因を潰さなくてはいけません。

カッとせず余裕をもって見守ることが、お子さんの成長に最もつながるということを自分に言い聞かせます。
私の場合はこういう事がきっかけでサッカーの教育の本を読み漁るようになりました。
最終的には自分自身の知識を上げていくことで違う視点で子どもを見れるようになると思います。

今ではカッする気持ちにはならずに、試合後に子どもを訊問することは全くありません。

ちなみに良質だと思う書籍がこちらです。参考にしてください!(当サイトおすすめ書籍記事ページです)
叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力-おすすめ書籍
少年サッカーは9割親で決まる-おすすめ書籍
サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす 11の魔法-おすすめ書籍

それでもどうしてもカッとなる方には最後の手段です!
カッとなったら、
空を見上げましょう!
お子さんを注視することをやめると落ち着きますよ。

今回はここまでです。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

少年サッカー選手の育て方

ジュニサカイレブントップ 少年サッカー選手の育て方

いいね!フォローはこちら

はじめてサッカー少年の親になる方へ

最新記事

カテゴリ

このサイトの人気の記事!

アクセスランキング

タグ

1個から注文OK

リンク

フリー素材提供

プライバシーポリシー

当サイトでは、細心の注意を払って個人情報を取扱い、利用者のプライバシーを遵守いたします。
当サイトが管理している個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。

当サイトでは、第三者配信による広告配信サービスを利用しています。

動画・画像免責事項
当サイトはフリー素材画像・動画共有サイトにアップロードされている画像・動画を紹介する場合があります。
管理人は著作権保護法にのっとり細心の注意を払いこれらの画像・動画を紹介しております。
各画像・動画の著作権は、著作者・団体に帰属しております。

なお、当サイトを利用したことにより生じた損害に対し、当サイト、管理人は一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: