トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

自転車の安全ともしもの時の為への準備、親としてできることは全てやっておきましょう。

サッカーの練習、試合会場への移動など子どもたちが自転車に乘って移動することも少なくないと思います。
事故が無い事を願うばかりですが、100%事故に合わないという保障は誰にもできません。

被害者になるかも知れないし、加害者になってしまう可能性もあります。
子どもが安全に自転車に乘れるようにサポートすることも大事ですし、もしもの対策も大事だと思います。

私は子どもを誘っていつも通る道やこれから通るかも知れない道を自転車で散歩するようにしています。
電動アシスト付きの自転車も購入しました。坂道がめっちゃ楽です。

練習場への道や友達と移動しそうな道を子どもと自転車で散歩をすると色々な危険が見えてきます。
あの公園に行くにはこの信号で反対側に渡っておかないと、安全帯がないな!とか、この交差点は5つの道が交差していて右折の車に注意がいるな!など実際に自転車に乘ることによってはじめて気づくことがあります。

そういった危険について、子どもに話かけながら自転車で散歩をしていきます。
「あの公園に行くにはこの信号で渡っておこうね!」
といったことを通る度に話しかけるようにしています。

子どもの自主性も大事ですが、それも全て命あってのことですからそこはしっかりと指導することが大事だと思います。
子どもも別の場所で同じ様な場面に遭遇した時にその指導を参考にすると思います。
失敗はチャンスになりますが命だけは一度失ってしまってはもう次はありませんから・・・。
車に免許証があるのと同じで、親が安全だと思えるまで指導することにマイナスはないと思います。

子どもが自転車に乗るにあたって注意すべきことは、
よそ見、
うっかり、
確認不足、
危険とわかっていない、(無知)
スピードの出しすぎ、(好奇心)
危険な事へのチャレンジ、(ゲーム感覚)
ブレーキへの過信(いつでも止まれると思っている)

上記に関しては徹底的に指導しておく必要があると思います。
特にスピードの出しすぎ、危険な事へのチャレンジは自転車に慣れてきたころが危険です。
私も子どもの時に友達と自転車レースをして自損事故をおこして6針も口を縫う怪我をした経験者です。

さて、自転車に乗るということは被害者になるという危険だけではありません!
これは、2013年の新おとな総研の記事です。

今年7月に神戸地方裁判所が下した判決は、全国の子供を持つ親に対して、大きな衝撃を与えました。小学5年生の児童(当時11歳)が、2008年9月22日午後6時50分ころ、神戸市北区の坂道を自転車(マウンテンバイク)に乗って時速20~30キロで下って行った際に、散歩中の女性(当時62歳)と正面から衝突してしまい、その女性は約2.1メートルはね飛ばされて頭などを強く打ち、病院に搬送されましたが、頭の骨を折るなどして今も意識が戻らない状態が続いているという事件です。神戸地方裁判所は、今年7月4日、自転車に乗っていた子供の母親に対し、合計で9520万7082円もの多額の賠償金の支払いを命じました。

 この判決は、自動車とは異なり、人を傷つける凶器になり得るといった意識が余りなく、小さな子供でも気軽に乗り回している自転車が引き起こした事故によって、莫大な額の損害賠償が認められたという事実のみならず、事故を起こした子供の親に対して支払いが命じられたという二重の意味で、全国の子供を持つ親を震え上がらせるに十分なインパクトがありました。
引用元URL [http://www.yomiuri.co.jp/otona/life/law/20131022-OYT8T00586.html



しっかりとした指導をすべきだと私が考える一番の要因が、この意図せずに加害者になってしまうという不幸な事故も起こりえるということです。

どんなに指導しつくしても、事故が起きないとは誰も保障できません。もし、事故を契約したら絶対に事故をおこさないという保険があったらと思いますがそんな保険はありません。

もちろん、自転車保険への加入は自転車購入と同時に入っておくべきことです。
掛け金も自動車とはくらべものにならないほどの負担ですみます。
もし、自転車保険に未加入だという方がおられましたら、今日でも明日でも加入するべきだと思います。

そして、保険と同時に自転車の乗り方への指導、自転車の整備もきっちりと行って欲しいと思います。

スポンサーリンク


忘れていけないのが自転車整備です。
子どもは多少ブレーキがきかなくても平気で乗り続けます。
もし、ブレーキパッドがすり減っていてもそのまま乗り続けていて、急な坂道の途中で完全にブレーキがきかなくなったら・・・
もし、その坂の下の交差点にトラックが迫っていたら、ご老人が歩いていたら、赤ちゃんを連れた妊婦さんが散歩していたら・・・

自転車のブレーキパッドはお子さんの命を守り、加害者にさせないための大事な大事な守り神です。
自転車を買ってから一度も整備していないとかいう人はいますぐにブレーキが前後とも正常かを確かめてください。

さらにパンクしたまま乗っている子どもも見かけます。
親が気付いていなのか?知っていてそのままにしているのかわかりませんが危険です。
パンクしているのにそのまま乗っていると小さなわだちでも転倒する恐れがあります。
道路を走っていて突然転倒したら大変危険です。もし、車が追い越しをかけていたらよけきれません。

日本は安全な国です。普通に暮らしてしれば命を落とすことを意識せずに暮らしています。
でも、交通事故に関して日本が特別安全なわけではありません。危険はすぐそこにあるのです。
事故は家からすぐそばの交差点で起こるかも知れません。

私は高校時代、二人の同窓生を事故で失っています。一人は通学時の自転車で一人はバイト先へ向かうバイク事故で。
自転車の事故は私の目の前で起きましたした。彼女の自宅から数十メートルの交差点でした。
何度も言いますが命は一つしかありません。
親としてできる限りのことをしておきたいと思います。

私の母が生前、私が出かける時にいつも
「慌てず帰っておいでね]といってくれました。
普通は何時までに帰ってきなさいという親が多いと思います。

なぜ、何時までにといわずに慌てずと言っていたのか理由を聞いて母の愛を感じたのを憶えています。
「もし、私が何時までに帰ってきなさいといった言葉を気にして慌てて帰えろうとして事故にあってほしくない」
母はそういいました。
ほんの少しの危険も排除したいという気持ちだったんですね。20年以上たった今も私の心に残っています。

今回はここまでです。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

少年サッカー選手の育て方

ジュニサカイレブントップ 少年サッカー選手の育て方

いいね!フォローはこちら

はじめてサッカー少年の親になる方へ

最新記事

カテゴリ

このサイトの人気の記事!

アクセスランキング

タグ

1個から注文OK

リンク

フリー素材提供

プライバシーポリシー

当サイトでは、細心の注意を払って個人情報を取扱い、利用者のプライバシーを遵守いたします。
当サイトが管理している個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。

当サイトでは、第三者配信による広告配信サービスを利用しています。

動画・画像免責事項
当サイトはフリー素材画像・動画共有サイトにアップロードされている画像・動画を紹介する場合があります。
管理人は著作権保護法にのっとり細心の注意を払いこれらの画像・動画を紹介しております。
各画像・動画の著作権は、著作者・団体に帰属しております。

なお、当サイトを利用したことにより生じた損害に対し、当サイト、管理人は一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: