トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

朝食を食べない子どもの為の朝食レシピテーマとは?

朝食を食べない子どもの為の朝食レシピテーマとは?

朝食

日本では朝食を食べない子どもの割合は高校生年代で約1割でつまり10人に1人が朝食を食べずに生活しているとのことです。
小学生ではその約半分で20人に1人が朝食を食べずに学校へ通学しているとのことです。

この数字を見ると意外にちゃんと食べているなと思います。

しかし、実際にはこんな家庭が多いのではないでしょうか?
・毎日、「ちゃんと食べなさい!」としかりつけて無理矢理食べさせている。
・菓子パンしか食べないので食べないよりましだと思って、毎日、菓子パンを食べている。
・用意した朝食の半分も食べずに出掛けていく。
・テーブルに座っても朝食になかなか手を付けず、飲み物だけ飲んで終わりの日が多い。

全く食べないよりはましですが、子どもの成長や栄養バランスのことが心配になりますよね!


朝食を食べないと授業に集中できない!
人間の脳はエネルギーが不足すれば、きちんと活動することができません。
朝食でしっかりと栄養補給しなければ脳の活動力が落ちぼーっとした状態になります。
そのような状態で通学すると危険ですし、授業中も集中することができなくなります。
さらに体温も上がらず体も目覚めることができません。
朝起きてすぐに思ったように体が動かないのはこの為です。
このような状態で授業も集中できませんし、サッカーの試合で全力をつくすことは当然できません。


脳のエネルギーになる栄養とは?
脳が活動するエネルギー源となるのがブドウ糖です。
そして、このブドウ糖は体に貯めておける量が限られているため毎回の食事でしっかりと補給する必要があるのです。
どんなに前日の夜にブドウ糖を補給しても、体にエネルギー源として残る量がわずかなので翌朝には不足してしまうのです。

ブドウ糖が多く含まれる食べ物はとは?
・砂糖に含まれるショ糖
・果物に含まれる果糖
・ごはん・パンに含まれるでんぷん
これらの食品を食べると消化吸収し脳のエネルギー源となります。
さらに、食事をとることで体温が上昇し最適な体温になり体の準備が整うことになります。

体温上昇をたすける栄養とは?
食事をするだけでも体温は上昇しますが、さらに体温を上げる作用の高い栄養素がたんぱく質です。

たんぱく質が多く含まれる食べ物とは?
・牛乳
・卵
・肉類(ハムやソーセージなど)
・豆腐や納豆

朝食を食べない子どもの心理は食べるのが面倒くさい!
朝起きたばかりの脳はまだ活動できていません。
その為にしっかりと朝食を食べる必要がありますが、食べるのが面倒くさいんです。
なぜなら、脳がまだ活動できていないから・・・。
できるだけ簡単にすませたい。
そんな、状態なので朝から旅館にで出るようなしっかりとした朝食だと食べること自体を脳が拒否してしまいがちです。
とくに子どもの朝は時間もないのでシンプルに簡単に食べきれるものが理想です。

ブドウ糖やたんぱく質を多く含んだ食べ物を2点用意すればOK!
それくらい軽い気持ちで用意すればいいのです。

簡単朝食メニューの例
・おにぎりとカットフルーツ
・納豆ごはん
・たまごかけごはん
・パンとハムエッグ(サンドイッチ)
・ごはんとみそ汁

まだまだ組み合わせはあります。
ブドウ糖とたんぱく質の組み合わせで簡単に食べれるもので考えてみましょう!

さらにしっかりとした栄養バランスを考えるなら、ミルクに混ぜるような補助食品を活用する方法もあります。
我が家の補助食品の記事はこちら

子どもがいかに簡単に素早く栄養がとれるるか?
朝食はこのテーマに沿って用意することが大事になってきますね。
しかも、このテーマだとお母さんにとっても朝食の用意が楽になるという利点もあるので2倍お得です。


スポンサーリンク
このエントリーのタグ: 朝食 栄養
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

少年サッカー選手の育て方

ジュニサカイレブントップ 少年サッカー選手の育て方

いいね!フォローはこちら

はじめてサッカー少年の親になる方へ

最新記事

カテゴリ

このサイトの人気の記事!

アクセスランキング

タグ

1個から注文OK

リンク

フリー素材提供

プライバシーポリシー

当サイトでは、細心の注意を払って個人情報を取扱い、利用者のプライバシーを遵守いたします。
当サイトが管理している個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。

当サイトでは、第三者配信による広告配信サービスを利用しています。

動画・画像免責事項
当サイトはフリー素材画像・動画共有サイトにアップロードされている画像・動画を紹介する場合があります。
管理人は著作権保護法にのっとり細心の注意を払いこれらの画像・動画を紹介しております。
各画像・動画の著作権は、著作者・団体に帰属しております。

なお、当サイトを利用したことにより生じた損害に対し、当サイト、管理人は一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: