トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

サッカー未経験のお父さんがうまくなるコツ

サッカー未経験のお父さんがうまくなるコツ

Jグリーン堺4


子どもの少年サッカーを応援するうちに自分もサッカーをしてみたいなと考えるお父さんも多いと思います。
また、フットサルならプレイしたことがあるという方も多いでしょう。

せっかくサッカーをするのだから少しでもうまくなりたいと思いますよね?
今回はそんなお父さんの為に心がけると少し上手くなるコツを紹介したいと思います。

サッカー未経験者が心がけるとうまくなるコツとは?!
・しっかりとまわりを見る
・オフ・ザ・ボールの動きを意識
・逃げ道を用意する
・利き足を極める
この4つを心がけるだけで相当うまくなると断言します。

しっかりとまわりを見る
こんな事はありませんか?
サッカー未経験ではじめてフットサルをプレイしたお父さんが意外に上手いと思い聞いて見ると、
「学生時代にバスケットボールをしていました」なんて事。

バスケットボールやハンドボール経験者は結構フットサルにもすぐ馴染むことが多いです。
この大きな要因はプレイ中にまわりを見ることが習慣化されていることだと思います。

ボールを持っていない時もボールを持った時もしっかりとまわりを見てプレイするだけで大きくプレイが変わります。
本当にこれに尽きるといっても過言ではありません。
ドリブルをどんなに訓練しても、下ばかり見てドリブルしていてはドリブルはうまいけどサッカーは・・・となります。

まわりを見るタイミング
・オフ・ザ・ボールの時
・パスを貰うまでの間
・ボールを扱っている間
要するに全てのタイミングです。
唯一キックをする時はしっかりとボールを見ることが大事です。
未経験者はボールばかり見てプレイしてシュートの時はゴールを見てボールを見てないという真逆のパターンが多いです。
でもこれは意識するだけですぐに変えることができます。

オフ・ザ・ボールの時はボールの位置を頭に入れつつ自分のまわりの味方や相手の選手の位置を見ます。
パスがきたらボールが自分のところに来るまでの間にまわりを見る。(首振りといいますね)
これは、練習すればすぐできるようになると思います。
首振りができるようになればダイレクパスも出せるようになりますし、成功率もあがります。
ドリブル中は視野の下の方にボールが入る位で周囲を見渡します。
これができると相手をかわしたり、逆サイドにパスを通したりといったプレイができるようになります。
さらに遠くのゴールキーパーの動きをみてロングシュートを決めるなんてことも可能になりますね!

とにかくサッカーはまわりを見なければ始まりません。
リフティングやトリッキーなフェイントを覚える前にまわりを見るクセをつけるだけで簡単に未経験者クラスから卒業できるのです。

オフ・ザ・ボールの動き
オフ・ザ・ボールとはボールを扱っていない時のプレイです。
サッカーではほとんどの場面がオフ・ザ・ボールです。
この時の動きを意識するだけで良いプレイができるようになります。
しっかりとまわりを見ること。
スペースを見つけてポジションをとること。
スペースとは相手選手の間を通してパスを受けれる場所です。
そういった位置でパスを貰えばチャンスになります。
体の向きを意識すること。
せっかくゴール前でパスを貰ってもゴールに背中を向けていては振り向く間に相手選手が近づいてきます。
パスを貰う時は次のプレイに有利な体の向きを意識するだけでプレイスピードが大幅に上がります。

逃げ道を用意する。
未経験者がボールを失いやすい原因はプレイの選択肢が少ないからです。
未経験者の多くは前に進むという選択肢のみでプレイしてしまいがちです。
もちろん第一優先は前に進むプレイですが、横や後ろへの選択肢を持つことでプレイの幅が増えます。
相手選手も簡単に寄せれないようになります。
前へ前へではなく、後ろもあるよと見せかけて前にいくプレイの方が相手にとって嫌なプレイとなります。
そして、前は無理だと判断したら一旦後ろに戻してやり直すこともできます。

利き足を極める
世界のトップ選手も仕掛けるプレーでは利き足を使っています。
利き足だけで十分プレイできます。
インサイド
アウトサイド
インステップ
インフロント
特にアウトサイドでのソフトタッチドリブルを覚えるだけで、相手は簡単に寄せづらくなります。
なぜならアウトサイドが使えるようになれば相手の動きに瞬時に対応しやすくなるからです。
日本代表では香川真司選手のドリブルは参考になると思います。
コツはボールを常に利き足の前に置いてプレイするように意識することです。
慣れてくれば足首の振りだけでフェイントをかけることも可能です。

さて、4つのコツを紹介しましたがどのコツにも共通することは見ることです。
まわりを見る為には顔をあげることからはじめます。
顔をあげてドリブルするにはどこにボールを置けば良いのか?
体の真下でドリブルをすれば自然と顔は下を向くはずです。
未経験者の多くはそうなってしまいがちです。
かといってボールから離れすぎると相手に奪われやすくもなります。
まずは顔をあげてもボールをすぐに扱えるボールの位置はどこなのか?を探してください。

最後に最も有効なコツを紹介します。
フットサルもサッカーも未経験者か経験者なんて関係ありません!
自信を持ってプレイすることこそが一番のコツです!

[PR]桧垣裕志のサッカーテクニック~利き足向上メソッド

スポンサーリンク
このエントリーのタグ: 大人のサッカー
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

少年サッカー選手の育て方

ジュニサカイレブントップ 少年サッカー選手の育て方

いいね!フォローはこちら

はじめてサッカー少年の親になる方へ

最新記事

カテゴリ

このサイトの人気の記事!

アクセスランキング

タグ

1個から注文OK

リンク

フリー素材提供

プライバシーポリシー

当サイトでは、細心の注意を払って個人情報を取扱い、利用者のプライバシーを遵守いたします。
当サイトが管理している個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。

当サイトでは、第三者配信による広告配信サービスを利用しています。

動画・画像免責事項
当サイトはフリー素材画像・動画共有サイトにアップロードされている画像・動画を紹介する場合があります。
管理人は著作権保護法にのっとり細心の注意を払いこれらの画像・動画を紹介しております。
各画像・動画の著作権は、著作者・団体に帰属しております。

なお、当サイトを利用したことにより生じた損害に対し、当サイト、管理人は一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: