トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ヒーローインタビューで子どもを伸ばす!

ヒーローインタビューをしてみませんか?

インタビュー

どんなスポーツでもメディアの取材を受けることがあります。
少年サッカーでも全日本少年サッカー大会などに出場すればインタビューを受ける可能があります。

そんな小学生のインタビューを見ていると、多くの子がしっかりとした受け答えができていると感じます。
シュートの場面がどういう状況だったのか?
そんな質問にも冷静にわかりやすく言葉にできていると感心することが多いです。

彼らは普段からインタビューの練習でもしているのでしょうか?
全国で活躍するような選手は他の選手に比べるとインタビューを受ける機会が多いかもしれません。
経験が多くなれば冷静に受け答えができるようになるでしょう。
しかし、それだけではないように思います。

もっとも重要なことは
・質問の意味を理解すること
・伝えたいことを順序立てて相手に伝わるように話すこと
この2点です。

インタビューでは試合中の事や今朝の食事のことなど様々なことを質問されます。
質問にきちんと答えるために脳をフル回転させる必要があります。
・記憶を呼び起こす
・その時の状況や行動に対する自分の判断や考えを分析する
・質問の意図に合わせて文章を作る

インタビューは効果的なトレーニングだと思いませんか?
私は息子とサッカーをして遊ぶことがありますが、息子がシュートを決めた後にヒーローインタビューをすることがあります。

カメラがあると想像して
「カメラはこっちです」なんて言いながらマイク(エアマイクですが)を向けて
「ヒーローインタビューです!」
なんて言いながら質問を開始します。
「今日の決勝点のゴール!素晴らしかったですね!決めた瞬間はどんな気持ちでしたか?」
現在小学3年の息子は嬉しそうに質問に答えてくれます。

しかし、意外にこれがしっかりと答えてくるのです。
シュートした時のことを振り返ったり、その時の判断や気持ちなどをわかりやすく答えてくれます。
次は子どもの答えを聞いてさらに深堀りした質問をしても、全く違う質問に変えても面白いです。

最後に、こんな質問には
「このゴール!まず誰に伝えたいですか?」
「パパです!パパはサッカーが好きだからです!」と答えてくれます。

このヒーローインタビューですが、サッカーのレベルアップにもつながると思います。
自分のプレーを振り返って文章にするということは、冷静に自分のプレーを見つめ直すことになります。
これは、PDCAでいう所の「C」チェック分析にあたります。
ヒーローインタビューは楽しみながらそれができると思います。

一度試してみてはいかがでしょうか?
コツはあまり意地悪質問やネガティブな質問はせずに良かったことをメインに質問することだと思います。

スポンサーリンク
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

少年サッカー選手の育て方

ジュニサカイレブントップ 少年サッカー選手の育て方

いいね!フォローはこちら

はじめてサッカー少年の親になる方へ

最新記事

カテゴリ

このサイトの人気の記事!

アクセスランキング

タグ

1個から注文OK

リンク

フリー素材提供

プライバシーポリシー

当サイトでは、細心の注意を払って個人情報を取扱い、利用者のプライバシーを遵守いたします。
当サイトが管理している個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。

当サイトでは、第三者配信による広告配信サービスを利用しています。

動画・画像免責事項
当サイトはフリー素材画像・動画共有サイトにアップロードされている画像・動画を紹介する場合があります。
管理人は著作権保護法にのっとり細心の注意を払いこれらの画像・動画を紹介しております。
各画像・動画の著作権は、著作者・団体に帰属しております。

なお、当サイトを利用したことにより生じた損害に対し、当サイト、管理人は一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: