トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

少年サッカーという競争社会で生き残る為に忘れてはいけないこと

少年サッカーという競争社会で生き残る為に忘れてはいけないこと

円陣を組む子どもたち

わが子の活躍を願うのはどの親でも同じことです。
私も息子のシュートチャンスには自分の足が思わず動いてしまうほどです。

いつしか少年サッカーは競争社会にさらされています。
もちろん、スポーツに競争はつきものです。

多くのクラブがAチームやBチームというようにレベルでチームを分けるシステムをとっています。
分けていないクラブでもレギュラー組と補欠組に分かれている場合も多いでしょう。

Aチームに上がる為に必死で頑張る!
レギュラーになる為に必死で練習する!

それはとっても大切なことです。
自分のレベルを上げようと必死で考えて行動することはスポーツにとって重要な事です。

こんなことを考えたことはありませんか?
周りを蹴落としてでも自分は活躍したい。
チームが負けても自分は得点したことで満足。
ライバル選手の活躍を素直に喜べない。
Bチームや補欠組をAチームやレギュラーの下だと考えている。
失敗の多くは周りの選手が悪い。

このようなことを考えることは誰にでもあることだと思います。
決してそう考えたことは間違いではありません。
なぜなら、誰もが自分や子の将来に夢を見ているからです。

しかし、競争で勝ち残りたいのであれば考え方を少しだけ変えた方が良いかもしれません。

サッカーで最も優先されるべき事項はチームワークです。
もう少し踏み込むとチームワークを優先する選手こそが競争で勝ち残る選手だと私は思います。

チームワークにとって重要な事は仲間意識です。
ライバル選手のミスを心で喜ぶのではなく、ライバル選手が次にミスをしない為に一緒に助け合う。
そういった考え方に変えることで視野が広くなるのです。

たとえば、AチームでレギュラーだったのになぜかBチームに行くようにコーチに言われたとします。
非常に悔しいですが、チームワークを優先している選手はBチームでも多くのことを学びます。
例えば、Aチームのフォワードなら追いつくようなパスがBチームでは追いついてくれないとします。
チームワークを理解している選手はBチームのフォワードが追いつくように調整してパスを出すようになります。
しかし、チームワークを理解していない選手はBチームのフォワードの足が遅いと考えるだけで自分のプレーを変えることができません。

ほんの少しの考え方の違いですが、サッカー選手としての成長には大きな差となってきます。

さてチームワークというと日本のお家芸と言われています。
しかし、チームワークを優先するあまりパスばかりしてシュートをしないとも言われます。
少しは俺が俺がというフォワードが必要だと・・・。
確かにそのように見える場面は多いのは現実です。
しかし、私にはゴール前でシュートをせずにパスコースばかりを探すプレーがチームワークだとは思えません。
チームが勝つためにはゴールを決めることが第一優先です。
例えばゴール前でパスをするふりをしてシュートする。
これはパスをもらう選手がいるから相手がパスコースを意識してシュートコースができるわけです。
ただそこにいるだけという地味なプレーですが確実にアシスト級のプレーだと思います。

今、サッカー人口が増えて子どもたちが競争にさらされています。
それは避けようのないことだと思います。
でもサッカーはチームワークのスポーツです。
チームワークを忘れた時、それはサッカーではなくサッカーのようなスポーツなのです。
目先のことにとらわれずにサッカーと向き合うこと仲間一人一人をリスペクトすることを忘れないようにしましょう!

スポンサーリンク
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

少年サッカー選手の育て方

ジュニサカイレブントップ 少年サッカー選手の育て方

いいね!フォローはこちら

はじめてサッカー少年の親になる方へ

最新記事

カテゴリ

このサイトの人気の記事!

アクセスランキング

タグ

1個から注文OK

リンク

フリー素材提供

プライバシーポリシー

当サイトでは、細心の注意を払って個人情報を取扱い、利用者のプライバシーを遵守いたします。
当サイトが管理している個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。

当サイトでは、第三者配信による広告配信サービスを利用しています。

動画・画像免責事項
当サイトはフリー素材画像・動画共有サイトにアップロードされている画像・動画を紹介する場合があります。
管理人は著作権保護法にのっとり細心の注意を払いこれらの画像・動画を紹介しております。
各画像・動画の著作権は、著作者・団体に帰属しております。

なお、当サイトを利用したことにより生じた損害に対し、当サイト、管理人は一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: