トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

訪問者の為になる記事とは?

訪問者の為になる記事とは?

ブログは記事で成り立っています。
ブログの記事は日記でも構いませんが、リピーターを生みアクセスアップにつながる記事は訪問者の為になる記事です。

しかし、全ての訪問者の為になる記事を書くことは非常に難しいのが現実です。
そこで今回は記事のタイトルを見て興味を持った訪問者の為になる記事に限定して紹介します。

端的に言うと「記事タイトルの答えを記事の中にしっかりと書く。」だけです。


ヤフーニュースにこんな記事がありました。

記事のタイトル:ケンタッキー食べ放題 なぜ大阪?
このようなタイトルです。
記事の内容を要約すると
大阪府吹田市に新しくオープンした食べ放題のケンタッキーについての記事です。
この新しいケンタッキーのすぐ近くにも食べ放題のケンタッキーがあることに触れ、
全国でこの2店舗しか常時食べ放題の店がないことやこの2店舗の価格差やメニューの内容の違いを紹介。
新しいケンタッキーがものすごい人気だということなどを書いています。
しかし、最後まで呼んでも「なぜ大阪?」なのかについて一切触れられることなく終わっています。

コメント欄には「なぜ大阪?なのか教えてください!」というコメントが書かれていました。
(このコメントは私ではありません。念の為)

私自身もなぜ大阪?なんだろうと思って記事を読んだのでこのコメントと同じ気持ちになりました。
インターネットは情報収集の場です。
訪問者は自分の知りたい情報を探してやってきます。
その道しるべが記事のタイトルなのです。

このケンタッキーの記事ではタイトルで「なぜ大阪だけに食べ放題店が出店されたのか?」という情報提供を示唆しています。
当然多くの訪問者はその答えに興味を持って訪問してきます。
もちろん、タイトルにない情報があってもよいのですが肝心の答えがないと訪問者を裏切ることになります。

このケンタッキーの記事は記事だけ読めば、良く調査した為になる記事だったと思います。
しかし、タイトルで問題提起した答えが用意されていない為にタイトルに興味を持って訪問した多くの人の期待に応えることはできない記事となってしまったのではないでしょうか?

訪問者は自分の知りたい情報を検索にかけて情報を探しています。
その検索結果にブログの記事タイトルが反映されます。
記事タイトルを見てその答えが知りたいと思い人は行動を起こすのです。

記事タイトルばかりを目立つように興味を引くようすれば、一時期アクセスが増えるかもしれません。
しかし、それでは継続的なアクセスは見込めないです。
特に少年サッカーというカテゴリではリピーターの方が多い傾向がありますのでなおさらと言えます。
理想ではアクセスの内容がリピーター3~4で新規が6~7だと思います。

リピーターの方を増やすことを意識していれば自然と記事タイトルや記事内容に気をつけるようになるはずです。
そういった記事の積み重ねが人気ブログへの近道だといえそうです。

ところで、このシリーズではブログでサッカーの月謝代くらいは捻出していただけるように最終的には進めていく予定です。
しかし、それはあくまでも最後の最後です。
しっかりとブログを継続してリピーターの方が増えてアクセスも1日最低500PV以上になるまでは何をしても逆効果でしかありません。
ブログにたくさん広告を貼り付けている方も多いですが、その手法では1日1万PVは必要になります。
基本的には広告は貼り付けずに1日500PVを目指すことをおすすめします。

今回は以上です。
次回はいよいよ「ブログでサッカーの月謝を得る」方法を予定しています。

スポンサーリンク
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

少年サッカー選手の育て方

ジュニサカイレブントップ 少年サッカー選手の育て方

いいね!フォローはこちら

はじめてサッカー少年の親になる方へ

最新記事

カテゴリ

このサイトの人気の記事!

アクセスランキング

タグ

1個から注文OK

リンク

フリー素材提供

プライバシーポリシー

当サイトでは、細心の注意を払って個人情報を取扱い、利用者のプライバシーを遵守いたします。
当サイトが管理している個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。

当サイトでは、第三者配信による広告配信サービスを利用しています。

動画・画像免責事項
当サイトはフリー素材画像・動画共有サイトにアップロードされている画像・動画を紹介する場合があります。
管理人は著作権保護法にのっとり細心の注意を払いこれらの画像・動画を紹介しております。
各画像・動画の著作権は、著作者・団体に帰属しております。

なお、当サイトを利用したことにより生じた損害に対し、当サイト、管理人は一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: