トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

アカデミーやスクールの活用

今回のテーマは「アカデミーやスクールの活用」です。

ここを読んでくださっているお父さんお母さんのお子様の多くは、地域のクラブチームや少年団でサッカーをしている場合が多いでしょう。

確かに所属チームによってレベルの差がでるのは、指導側であっても選手側であっても仕方のない事実です。
また、学年によっても差があることも多いでしょう。
特に低学年においては、高いレベルで指導できる余裕があるチームは少ないのではないでしょうか?

お子様のサッカー選手になるという夢を真剣に考えれば考えるほど、このままで良いのかと不安になることもあると思います。
しかし、遠距離のチームに毎日送り迎えすることも難しかったり、そもそもセレクションで入れなかったり。

こういった時に私がお勧めするのはJリーグチームのアカデミースクールやJリーグ・海外チームの期間スクール(サマーキャンプなど)です。

アカデミースクールはほとんどの場合は、今のチームに所属しながら通うことができます。
しかも、週1回程度の練習で金額もリーズナブルに設定されています。週1回くらいなら送り迎えもできるかもという方にお勧めです。

期間スクールはJリーグチームや海外のチーム(バルセロナキャンプが有名)・その他企画会社などがあり、夏休みなどに5日間程度で組まれるものが多いです。海外チームや企画会社のキャンプの価格は高額な場合が多いです。

スポンサーリンク


私が特にお勧めするのはJリーグのアカデミースクールです。
お子様のレベルを問わずに質の高い練習をすることができますし、スタジアム観戦などの無料券などの特典もついてきたりします。

ちなみに私の子供はアカデミースクールに通っていました。地元チームではポジショニングや体の向き、スペースを使うなど個人のスキルアップまではなかなかケアできないことが多いですが、アカデミーでは年間を通してきちんとスケジュールされています。
そして、レベルは問わないといっても意識の高い子供たちが多いということもメリットです。
練習中なのにゴール前で砂遊びしてる(ものすごくカワイイ光景ですが)なんてことは通っていたアカデミースクールではありませんでした。(地元チームではあります。(笑)私はそれでも良いと思いますが)

どこでもそうなの?と不安でしたら無料体験スクールに参加するか見学をさせてもらえばリサーチできるはずです。
そのくらいはしっかりして後から後悔しないようにしてください。年間通していつでも募集しているチームと年に1回しか募集しないチームがあるので注意が必要です。

海外チーム等のキャンプですが、こちらもレベルは問いませんが・・・それなりに高いレベルのお子様が多いです。
やはり高額(宿泊込で15万とかします。)ですので・・・集まる人もそれなりに意識が高い親子となります。
ちなみに私の息子君たちもあのネイマールのチームのキャンプに参加したことがあります。
通える場所でしたがあえて宿泊込で人生経験だと思って投資(泣)しました。
本人たちも私も世界の質を体験できたことは、本当に良かったと思っています。

後はもう、お父さんがお休みに一緒に練習してあげる方法です。
ただこの場合の注意点は、間違ったことや思い込みで教えたら逆効果だということです。
必ず専門書やレクチャーDVDなどに基づいて教えてあげて下さい。特にサッカー経験者ほど要注意です。
自分でするのと教えるのは全く違うということを忘れずにしましょう。

今回はここまでです。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
コメント

少年サッカー選手の育て方

ジュニサカイレブントップ 少年サッカー選手の育て方

いいね!フォローはこちら

はじめてサッカー少年の親になる方へ

最新記事

カテゴリ

このサイトの人気の記事!

アクセスランキング

タグ

1個から注文OK

リンク

フリー素材提供

プライバシーポリシー

当サイトでは、細心の注意を払って個人情報を取扱い、利用者のプライバシーを遵守いたします。
当サイトが管理している個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。

当サイトでは、第三者配信による広告配信サービスを利用しています。

動画・画像免責事項
当サイトはフリー素材画像・動画共有サイトにアップロードされている画像・動画を紹介する場合があります。
管理人は著作権保護法にのっとり細心の注意を払いこれらの画像・動画を紹介しております。
各画像・動画の著作権は、著作者・団体に帰属しております。

なお、当サイトを利用したことにより生じた損害に対し、当サイト、管理人は一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: