トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

サッカーで子どもがみるみる変わる 7つの目標-おすすめ書籍

少年サッカー選手の育て方『ジュニサカイレブン』おすすめの書籍の紹介記事です。

『サッカーで子どもがみるみる変わる 7つの目標』

小学館
池上 正   京都サンガF.C ホームタウンアカデミーダイレクター

[目次]
プロローグ 大人が変われば子どもが変わる、日本代表がかわる・・・・・

1.頭のいい子に変える
日常の指導が「指示命令の連続」になっていませんか?
「どうしたらいいかな?」問いかけて、考える力と自発性を育みましょう
答えを与えるのではなく、作り出せるよう導きましょう

2.話を聞ける子に変える
「わかった?本当にわかった?」と念押しばかりしていませんか?
子どもの脳は大人の小言や罵声を受け付けません
伝えたいときは、まず子どもの話を聞く。すると、自然に心はこちらを向きます
「キャッチボール対話」のできる大人になりましょう

3.チームプレーのできる子に変える
「ドリブルを始めたら止まらない」エースばかり育ててはいませんか?
ドリブルは重要なスキルですが、「仲間を感じる」練習や指導がいまの世界基準の育成法
「個を伸ばす集団」を作りましょう

4.走れる子に変える
運動量の少ない選手を「体力がない」「根性がない」と決めつけていませんか?
試合数の多さが「省エネサッカー少年」を作り出しています
1日の試合数を1~2試合にすれば、夢中で全力プレーする時間帯が増えてきます

5.実戦的なスキルを磨く
対面パスなど「ひとりでやるメニュー」に時間を費やし過ぎていませんか?
相手がいない状況での「クローズドスキル」より、
相手がいて変化する状況に対応する「オープンスキル」の練習を増やしましょう

6.自治力のある子を育む
転んで泣く子をかまい過ぎてはいませんか?
自分でできることを増やす導きを心がけましょう
自発性の芽を摘まず、一人前のアスリートとして扱いましょう

7.伸びしろを常に想像する
「この子はここまで」のレッテルを貼っていませんか?
子どもは大人の想像を超えて成長するものです
中学年代という次のステージで伸びる姿を常に想像して育てましょう

エピローグ 子どもとともに成長しましょう


[見どころ]
あなたはJリーグ発足後、Jリーグユース出身のA代表選手がわずか10%しかいないその理由を知っていますか?
指導者よりの内容ではあるが、本質は子どもの育成を書いた本です。保護者の方にも是非読んでいただきたい1冊です。


スポンサーリンク
コメント

少年サッカー選手の育て方

ジュニサカイレブントップ 少年サッカー選手の育て方

いいね!フォローはこちら

はじめてサッカー少年の親になる方へ

最新記事

カテゴリ

このサイトの人気の記事!

アクセスランキング

タグ

1個から注文OK

リンク

フリー素材提供

プライバシーポリシー

当サイトでは、細心の注意を払って個人情報を取扱い、利用者のプライバシーを遵守いたします。
当サイトが管理している個人情報は第三者に開示・提供はいたしません。

当サイトでは、第三者配信による広告配信サービスを利用しています。

動画・画像免責事項
当サイトはフリー素材画像・動画共有サイトにアップロードされている画像・動画を紹介する場合があります。
管理人は著作権保護法にのっとり細心の注意を払いこれらの画像・動画を紹介しております。
各画像・動画の著作権は、著作者・団体に帰属しております。

なお、当サイトを利用したことにより生じた損害に対し、当サイト、管理人は一切の責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: